あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
何かと多忙な年末年始を乗り切って、一息つくと1月14日。早いものですね。

昨年末の話になります。12月の中頃、娘の付き添いで、北浦和へ行ってきました。知らなかったのですが、その日は大宮国際マラソンの開催日で、道路は交通規制され車はおらず、沿道にはたくさんの観客が。上空のヘリコプターを仰ぎながら一緒に応援したり、広々とした道路で娘の記念撮影をしたりと、ちょっとトクをした気分でした。
DSC_1114
さて、今回ご紹介するモノは、娘が手を離れた間にふと入った、本屋さんの店頭で出会ったモノです。本だけでなく雑貨も揃っていて、しかもお茶が飲めるという、ブックカフェともいうべきお店でした。店内を見て回っていると目に留まったのが、棚の上に飾ってあったブリキ製の玩具。
一見して古いモノではないことはわかりましたが、光沢のある緑色のスクーターの丸みを帯びたスタイルや、塗料の質感にまず惹かれました。それに、またがっている女性の表情が、黒い目でじっと前を見据え、髪をなびかせていかにもさっそうとしており、全体に明るい感じに満ちていて、すっかり気に入ってしまったのです。
どこで作られたものかしらと、手に取ってひっくり返したりしてみたものの、原産国名などの刻印はありませんでした。お店の方に尋ねたところでは、アメリカで出会ったそうで、素性はわからないとのこと。
たとえ出所不明でも、気に入ったからには一緒にいたいもの。今後の自分も、スクーターの女性のようにさっそうとしていたい、‥‥なんて、願望も重なってつれて帰ることにしました。今は玄関に飾られて、お出かけ前のひとときを明るいものにしてくれています。令和2年、今年の自分の姿になりますように。
DSC_1111
しかし、楽しい出会いのあとには残念なこともありました。翌日、娘がインフルエンザA型になったのです。家族3人でちゃんと予防接種もしていたのに、続けて旦那さんにも感染。私は何とか大丈夫でしたが、娘は思ったより高熱が出て、治るまで日にちがかかりました。
暮れも押し詰まった多忙さの中、さらにバタバタとした年末であったことは、いうまでもありません。皆さんもお身体お大切に。